お知らせ

2022.05.16

★新薬情報★ レイボー発売決定

新しい片頭痛急性期治療薬として期待されるレイボーですが、

2022年6月8日(水)より処方が可能となります。

標準量100㎎錠:1錠あたり570.9円(保険3割負担で171円)です。

https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000928313.pdf

急性期治療薬は、片頭痛発作が起きた時に頓服として使う薬です。現在、通常の痛み止めの他、トリプタン5種類が広く使われています。

レイボー(一般名ラスミジタンコハク酸塩)は、トリプタンと同じような使い方をするもので、脳血管障害や、副作用、何らかの事情でトリプタンが使えない場合にも使えるものです。米国では1錠約8700円と高価な薬剤ですので、今回の価格設定には私も驚きました。良いニュースと思われます。詳細は、改めてご案内します。(院長・石井)

一番上に戻る
TEL:03-5213-7377 WEB予約 WEB問診