脂質異常症

動脈硬化進行の最大リスク、脂質異常症

日本人の死因として長年上位を占めている脳梗塞や心筋梗塞は、主に動脈硬化の進行によって起こります。そして、その動脈硬化を進行させる最大のリスク要因になっているのが脂質異常症です。悪玉コレステロールや中性脂肪が多い高脂血症に加え、善玉コレステロールが少なすぎても問題があることがわかったため、現在はそれも含めて脂質異常症として診断されています。悪玉コレステロールが多すぎると血管壁に入り込んで動脈硬化につながりますが、善玉コレステロールは血管壁の余分なコレステロールを回収します。こうした役割によって。悪玉・善玉という名前がついています。そして中性脂肪は過剰になると肥満や脂肪肝を起こし、動脈硬化につながります。脂質は体にとって重要な役割を持っていますが、過剰になるとこうした問題を起こしてしまうのです。
動脈硬化が進行すると血管が硬くなって、内側が狭くなり、血液が通りにくくなって狭窄や閉塞を生じさせます。脳で閉塞が起これば脳梗塞を起こしますし、心臓の血管が詰まると心筋梗塞を起こします。

症状のない脂質異常症

脂質異常症には自覚症状がないため、健康診断などで異常を指摘されてわかることがほとんどを占めます。また進行しても、治療で改善しても症状がないことから実感がわかず、治療を続けるモチベーションを保てなくなって結果的に動脈硬化を進行させてしまうことがよくあります。なお、女性は閉経で脂質異常症のリスクが上昇しますので、それまで数値に特に問題がなかった場合も毎年健康診断を受けるようにしてください。
脂質異常症は適切な治療を継続することがとても重要です。脂質異常症は増加傾向にあります。そして脳疾患でも脳出血は少し減ってきていますが、動脈硬化が主な原因となって起こる脳梗塞は近年増加し続けています。軽度の脂質異常症であれば食生活の改善や適度な運動の習慣化で効果を得られますが、進行している場合や他に動脈硬化のリスク要因がある場合には薬物療法によるコントロールも必要になります。脂質異常症の薬には動脈硬化の進行抑制や改善が見込めるものも出てきています。重要なのは、薬物療法と同時に、生活習慣の改善もしっかり続けることです。動物性脂肪やトランス脂肪酸をはじめとする飽和脂肪酸の摂取を控え、植物性脂肪や魚類の脂肪を適量とるよう心がけ、栄養バランスの良い食事を適量とって、習慣的に有酸素運動をするようにしましょう。

脳動脈硬化症では頭痛も

脂質異常症によって動脈硬化が進行すると、どこの動脈に硬化が起こっているかによって異なる症状が現れます。脳動脈の硬化が起きている状態が脳動脈硬化症で、主な症状には頭痛、めまい、耳鳴りがあります。脳動脈硬化症が進行して動脈が詰まると脳梗塞を起こします。こうしたことから、脂質異常症で頭痛という症状がある場合には脳動脈硬化症が疑われます。脳神経外科・脳神経内科では、脳動脈硬化症の診断や適切な治療が可能です。深刻な脳梗塞まで進行させないためにも受診は重要です。当院では、脳神経外科医として長いキャリアを積み上げてきた院長が、専門医の立場から丁寧に診察しています。脂質異常症で動脈硬化進行に関するご不安がある場合には、気軽にご相談ください。

一番上に戻る
TEL:03-5213-7377 WEB予約 WEB問診