後頭神経痛

頭神経痛とは

大後頭神経痛、小後頭神経痛、大耳介神経痛の3つを併せて、後頭神経痛と呼びます。

症状

後頭神経痛耳の後ろの後頭部の左右どちらか半分だけ、ここが痛いとご本人で明示できるような範囲に、強い痛みを感じます。頭全体の痛み、嘔気などは無いことが多いです。

病態

後頭神経痛は、頭皮の感覚神経に起こる、神経痛です。神経痛は神経障害性疼痛とも呼ばれます。どれも皮膚の神経ですが、何らかの理由で過敏になってしまい、ジリジリ、ジンジンとした独特の強い痛みを、不規則に繰り返し発生させます。場所は頭ですが、あくまで皮膚の神経ですので、痛みの他に深刻な事態にはなりません。顔が痛くなる三叉神経痛と原理が似ていますが、三叉神経痛ほど強い痛みにはなりにくいことが多いです。

原因

何らかの理由で後頭神経が刺激されることで発生するとされています。例えば、血管による圧迫、けが(鞭打ち)、頭や首の手術、感染症(単純ヘルペス、帯状疱疹)、首の骨の異常(関節リウマチ、変形性頚椎症)、肩こり、緊張型頭痛、などです。

検査

他の重要な疾患を鑑別するために行うもの、治療薬を使用可能かを確認するために行います。
視診、触診:帯状疱疹、ヘルペスを鑑別。
MRI検査:椎骨動脈解離、脳腫瘍を鑑別。比較的緊急性が高い。
血液検査:重症感染症、糖尿病性神経障害の有無、肝臓・腎臓機能のチェック。初診時に済ませておきたい。

神経障害性疼痛の仕組みと治療

怪我が腫れた時の痛みなど、痛いものを痛いと感じて、脳へ伝えるのが、通常の感覚神経です。一方、痛みを感じる部位そのものには何も異常はなく、感覚を伝える神経に異常が発生するものを、神経痛・神経障害性疼痛と呼びます。そのため、痛み止めも普通の痛み止め(ロキソニン、イブなどのNSAIDs)は原理的には無効で、神経を鎮める薬を使います(例:プレガバリン「リリカ」、ミロガバリン「タリージェ」、デュロキセチン「サインバルタ」等)。これらの薬は即効性が低く、また、人によりふらつきや眠気、嘔気が出るため、後頭神経痛の場合には必ずしも使用しません。効果が出る前に自然と治ってしまうことが多いからです。原理的には無効とされるNSAIDsも何故か効くことが多いので、NSAIDsで数日間様子を見るのが現実的です。

注意

数日後から同部位の皮膚にできものができる時があり、それは帯状疱疹を強く疑います。帯状疱疹も神経障害性疼痛を起こす点は同じですが、抗ウイルス薬を追加することが多いです。

一番上に戻る
TEL:03-5213-7377 WEB予約 WEB問診