薬剤乱用頭痛

薬物乱用頭痛とは

薬物乱用頭痛とは頭痛薬を飲む回数が増えて、そのことで頭痛の症状が悪化・慢性化してしまっている状態で、薬剤の使用過多による頭痛です。頭痛薬を常用していると脳が痛みに過敏になり、ちょっとした刺激で強い痛みを感じるようになります。結果的に頭痛が起こる回数が増えて痛みも強くなり、症状を悪化させます。薬剤によるものということを知らずにいると、頭痛薬を飲む頻度が増えてさらに頭痛が悪化して、薬の効果もさらに薄くなります。頭痛薬を毎月10回以上飲むという場合は、薬物乱用頭痛の可能性があります。
片頭痛や緊張型頭痛などの頭痛がある方の発症が多く、市販薬によるものがほとんどを占めます。医師が処方する鎮痛薬でも薬物乱用頭痛になる可能性はありますが、頭痛外来の専門医であれば薬物乱用頭痛になるリスクのある処方をすることはありません。

こんな症状はありませんか?

  • 頭痛が月に15日以上ある
  • 頭痛薬を月に10回以上飲んでいる
  • 頭痛薬が効かなくなってきた
  • 起床時にも頭痛がある
  • 薬を飲んでも頭痛が強くなってしまう
  • 頭痛の程度、痛む場所などが以前とは異なっている時がある
  • 毎月数回程度の片頭痛があって薬を飲みはじめた
  • ひどい頭痛を経験して、それから予防的に市販薬を服用してしまう

また、常用している頭痛薬が、複数の主成分を持っている場合、そしてカフェイン(無水カフェイン)が含まれている場合は薬物乱用頭痛になるリスクが高いとされています。
市販の鎮痛薬の大部分に、カフェインが含まれていることは、注意が必要です。たくさん内服した場合、時に薬そのものよりも、カフェインが過量になることが問題となります。
同成分でも病院からの処方であれば、そうした事態は避けることができます。

診断と治療

診断と治療問診で、患者さまから症状の内容や変化、もともとの頭痛の症状、服用している薬や服用頻度などをくわしくうかがいます。薬物乱用頭痛と判断された場合には、まず薬の服薬を中止することが重要です。原因となる薬剤の服用を中止しますが、そのままでは離脱頭痛という激しい頭痛が起こりますので、薬物乱用頭痛の原因にならない薬剤や予防薬を処方します。
それでも最初の1週間から2週間くらいはつらい状態が続きますが、次第に頭痛が起こる回数や痛みの強さが緩和しはじめます。薬物乱用頭痛が治った後に、もともとあった片頭痛や緊張型頭痛などの治療を行います。薬物乱用頭痛は比較的再発しやすいので、もともとの頭痛も専門医による治療でしっかりコントロールすることが重要です。

頭痛が起こる回数や強さが増した場合は、ご相談ください

「薬物乱用頭痛」という名称は違法薬物を連想される方も多いと思いますが、一般的な市販頭痛薬の常用によって起こるケースがほとんどを占めます。慢性的な頭痛がある方は薬物乱用頭痛になるリスクが高く、発症すると悪循環を起こして頭痛が悪化してしまいます。また、いったん治まっても再発しやすい傾向があります。
頭痛外来で専門医による治療を受けることで薬物乱用頭痛は解消できますし、その後で薬物乱用頭痛になるに至ったもともとの頭痛も治せます。放置していると症状が悪化しやすいため、早めのご相談をおすすめしています。

一番上に戻る
TEL:03-5213-7377 WEB予約 WEB問診